入口
みずき薬局さんとなりのエレベーターにて、二階におあがりください。(バス停の目の前です)
 
受付
左は問診のスペースとなっています。

第一待合室
ゆったりとした空間になっています。 テレビの他、新聞や雑誌なども多数取り揃えております。
 
第二待合室
お子様向けの本や、漫画なども取り揃えております。

廊下
吹き抜けのある明るい廊下です。左に男女別のトイレがあります。右が診察室とレントゲン室、奥がリハビリ室です。
   

診察室
2つの診察室で、電子カルテを用いて診察いたします。
 
処置室
注射や点滴を行います。ブロック注射なども行っております。

リハビリ室
・牽引器
椅子に座る姿勢でそのまま牽引ができる機械もあり、仰向けの姿勢をとるのが辛い腰痛の患者さんに最適です。
 
・マイクロ波
体の深部まで温め、患部をやさしく包み込む 温感治療器です。
・低周波治療器
端子が小さく、細かな部位への治療が可能です。多彩な治療モードや出力波形の中から最適な治療方法を選択いたします。
 
・干渉低周波治療器
腰部など、主に大きな部位に使用します。電気刺激で患部を効果的に治療します。
・高電位治療器
体に高い電位を通電することによって、イオン効果と恒常性高める治療器であり、頭痛、肩こり、不眠症などにも効果があります。
 
・マッサージ
マッサージにも力をいれております。
・超音波骨折治療器
非常に出力の低い超音波をパルス状(断続的)に照射することで、骨折部の治癒を促進するという新しい技術です。 新鮮骨折の癒合日数が40%近く短縮するといわれています。
 




・骨密度測定装置(DCS-900FX)
腰椎と大腿骨で測定するDEXA法というものです。
現在、腰椎と大腿骨のDEXA法が最も信頼の高い骨量測定法であり、日本骨粗鬆症ガイドラインや診断基準(2011年版)でも推奨されております。
放射線の被爆量が少ないという利点もあります。
・超音波診断装置(エコー)
レントゲンでは診断をつけにくい、筋肉、神経、靭帯、腱 などの評価に適しております。 画像をみながら、ピンポイントに注射を施行することも可能です。 放射線被爆の心配もありません。
 
・AKA療法
慢性的な腰痛や骨盤の痛みの原因として、仙腸関節の障害によって起こるものも少なくありません。これに対して、仙腸関節に徒手的に動きを与えることで、同部の運動を正常化させて痛みをとる治療法です。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。